腰痛 原因 姿勢

腰痛の原因は姿勢の悪さ?座っているときの姿勢にも注意を。

 

マットレスが合わない、敷布団が固い、運動不足や精神的なストレス、重い荷物を持ったためなど、腰痛の原因は人によって様々です。中でも、姿勢の悪さから腰痛になる人が多いようです。

 

仕事で一日中パソコンの画面を見ていたり、スマホのゲームに夢中になったりしていると、つい前のめりになって姿勢が悪くなることはよくあります。姿勢が悪い、というのは、身体のある部分に負担が集中する状態です。

 

腰に最も負担をかけない状態というのは、まっすぐに立った状態で、耳・肩・腰・ひざ・くるぶしまでが一直線になっている姿勢です。この姿勢だと腰への負担を抑えることができますが、日常生活では、仕事などで座って何かをするということが多くなります。

 

椅子に座ると、股関節が曲がって腹筋がゆるむので、上半身の重みが背中と背骨、そして腰にかかってきます。椅子に座った状態は、実は腰への負担が大きい姿勢なのです。

 

腰に最も負担がかかるのは、座った姿勢

 

座り心地のよさそうな椅子

 

椅子に座って何かをしていると前かがみになりがちです。前かがみになると、体重がさらに背中や腰にかかることになります。椅子に座って前かがみになった姿勢は、真っ直ぐ立っている状態と比べると、2倍に近い負担が腰にかかると考えられています。

 

腰を丸めて猫背になった状態や、左右どちらかに重心が傾いた状態も腰に負担がかかります。脚を組む姿勢も背骨や骨盤がゆがむ原因となり、腰痛を引き起こします。

 

たとえ腰への負担が軽い姿勢だったとしても、同じ姿勢を長時間続けると、腰痛を引き起こすことがあります。腰痛になり、痛みを抑えるために不自然な姿勢となって、悪循環を生む場合もあります。

 

とはいえ、仕事などで長時間座り続けたり、同じ姿勢が続いたり、ということは少なくありません。特にデスクワークは腰への負担が大きくなります。腰痛を予防するためには、できるだけ負担をかけない座り方を身に付ける必要があります。

 

腰痛を予防するための正しい座り方

 

座っているときの姿勢は、真っ直ぐに立っている時と同じく、耳・肩・腰までが一直線になるように心がけます。背骨も首もしっかり伸びている状態が、座った時の姿勢の基本となります。
さらに、腹筋に力を入れるように意識することも大切です。背中や腰に体重が集中するのを防ぐことができるので、腰痛の原因を緩和できます。

 

股関節と膝頭は水平になるか、または、膝頭が股関節よりほんの少し高くなり、脚の裏が床にしっかりと付いている状態が望ましいです。

 

しかし、多くの人は、座ると膝頭が下がった状態になっています。椅子の高さを調節するか、または、足元に空き箱などを置いて膝頭の位置が少し高くなるようにします。

 

この状態だと、腹筋に力が入りやすくなるので、腰痛防止効果が高くなります。また、同じ姿勢が長く続かないように、定期的に伸びをするなど、仕事に差し障りがない範囲で工夫することも必要です。

高反発マットレス 雲のやすらぎの特徴

  • 腰に負担がかからない体圧拡散製法で腰痛にお悩みの方に
  • 体が沈み過ぎない高反発マットレス、ふんわり17cmの厚み
  • アレルギーの方にも防ダニ、抗菌、防臭加工で安心の品質!
[ 100日間返金保証つき! ]

価格 シングルサイズ 39,800円
評価 評価5
備考 送料無料
高反発マットレ ス モットンの特徴

  • 体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  • 通気性が良く、蒸れにくい
  • ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
  • 体重や好みに合わせて選べる硬さ
[ 90日間返金保証つき! ]

価格 シングルサイズ 39,800円
評価 評価4.5
備考 代引き、送料無料