腰痛の原因はマットレスの硬さ?女性におすすめのマットレス選び

腰痛の原因はマットレスの硬さ?女性におすすめのマットレス選び

女性の腰痛

 

腰痛の原因は様々です。原因の一つにマットレスの硬さが原因で腰痛に悩まされる女性が最近多いです。マットレスの購入時に「腰痛におすすめ」と聞き、購入して失敗した経験はないでしょうか?

 

実はマットレスには体型に合ったものを選ばないと腰痛の原因になったり、症状を悪化させる事があります。寝起きが特に腰痛を感じるのであれば、現在使用しているマットレスが原因の可能性が高いです。

 

最近では腰痛には高反発マットレスがおすすめと紹介されていますが、すべての人に最適ではありません。マットレスを選ぶ時には体重によって選ぶのが理想だと言われています。

 

安いマットレスや粗悪な品は、そのへんの設計をしていないので、人によってはマットレスが合わず、腰痛を引き起こしてしまいます。マットレスが原因で腰痛を感じるようになった人はすぐに使用を控えたほうがいいかもしれません。

 

自分に合ったマットレスを選ぶには?

 

マットレスには、おおまかに分けて低反発と高反発の2種類があります。腰痛に最適と言われているのは高反発マットレスがおすすめと言われていますが、本来は自分の体重に最適かどうか、実際の寝心地を確かめるのが理想です。

 

通販サイトを利用してマットレスを購入する場合はマットレスの反発力を確認しましょう。反発力とはマットレスに表記されている「ニュートン」や「N」と表記されている場所を確認すると分かります。

 

低反発のマットレスは100ニュートン以下で、高反発マットレスは100ニュートン以上です。マットレスを選ぶ時にはこの反発力を確認してから購入するのがいいでしょう。

 

体重が軽い人が高い反発力のマットレスで寝ると、体重が軽いので腰の部分が浮いてしまい、腰痛の原因になります。女性の体重目安としては60kg未満の人は100〜150ニュートン、60〜80kgの人は120〜160ニュートンが良いとされているので購入の際の目安にしてください。

 

適切な反発力ともう一つ大事なのは通気性

 

マットレス選びで大事なのが通気性です。この通気性が悪いとマットレスが短期間でヘタリ、反発力も低下して腰痛の原因にもなり、さらにマットレスは汗を吸収するのでカビの原因にもなったりします。

 

マットレスを選ぶ時には通気性の高い物を購入する事で長く使用でき、カビの心配も低くなり、女性や子供にも安心して使う事ができるので、通気性の悪いマットレスは避けましょう。

 

マットレスの通気性を確認する方法はマットレスに表記されている「密度」を確認する事で通気性が良いのか確認する事ができます。高反発マットレスの場合は密度が30以上の物を購入すると長年ヘタる事なく使用できるはずです。

 

さらに心配な場合はマットレスの耐久テストの結果を調べるのもいいでしょう。店頭では確認できない事が多いですが、メーカーに問い合わせしたり、公式サイトなどに耐久テストの結果を公開しているのもあります。マットレスを購入する場合は寝心地だけではなく、反発力や通気性の確認をしておく事で腰痛の予防になったり症状が改善されたりします。

高反発マットレス 雲のやすらぎの特徴

  • 腰に負担がかからない体圧拡散製法で腰痛にお悩みの方に
  • 体が沈み過ぎない高反発マットレス、ふんわり17cmの厚み
  • アレルギーの方にも防ダニ、抗菌、防臭加工で安心の品質!
[ 100日間返金保証つき! ]

価格 シングルサイズ 39,800円
評価 評価5
備考 送料無料
高反発マットレ ス モットンの特徴

  • 体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  • 通気性が良く、蒸れにくい
  • ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
  • 体重や好みに合わせて選べる硬さ
[ 90日間返金保証つき! ]

価格 シングルサイズ 39,800円
評価 評価4.5
備考 代引き、送料無料