その腰痛の原因、実は内臓疾患と深く関係しているのかも

その腰痛の原因、実は内臓疾患と深く関係しているのかも

内臓疾患で腰痛に?!

 

歳を重ねるごとに、年々体のどこかしらが痛くなったり、不調を訴える人が増えてきます。年齢とともに腰痛が悪化している…なんて人も少なくないのかも。

 

ただの腰痛だし…と軽く考えている人がほとんどだと思いますが、その軽く考えている腰痛、実は内臓とも深く関係しているかもしれないって知っていましたか?ただの腰痛だと思っていたのが、実は内臓疾患に関連して腰痛が起きてしまっていることもあるのです。

 

日常生活で感じることの多い腰痛。腰痛といえば、ぎっくり腰やヘルニアなどの脊椎や筋肉の疾患が一般的だと思われがちですが、それ以外の腰痛の原因が実はあって、それがW内臓からくるものWなのです。

 

あまり詳しく知られていなかったり、自分の腰痛の原因が内臓と関係しているなんて思ってもいない人がたくさんいるので、今回は腰痛と内臓疾患の関係について掘り下げていきたいと思います。

 

腰痛が長年続いているならすぐに病院へ!

 

最近やたら腰が痛い、もう何年も腰痛が続いている、などと言う人は結構多いと思います。自分の中だけでWこれはただの腰痛だからWと決めつけるのは大変危険です。

 

腰に痛みがあるからシップを貼っておこう…、マッサージをしてもらってだいぶ良くなった…などと言っている人もいますが、それは一時的に良くなったかのように見せて、また日が経つと痛みが出てくる場合もあると思います。

 

そういう人は内臓疾患が原因でその腰痛を発症しているかもしれません。なかなか痛みが引かない、腰の痛みが全然良くならないなど、特に常にシクシク・チクチク痛みがある人の場合は、何かしらの病気を疑った方がいいかと思います。

 

慢性胃炎や十二指腸潰瘍や胃潰瘍、胆道結石や胆石症、慢性膵炎など、さらには腎がんや尿管・膀胱がんなどの疾患も、腰痛を引き起こす原因になっていることもあります。

 

手遅れになる前に理解することが重要

 

ただの腰痛だと思って放っておいたら実はそれは内臓疾患からくる腰痛だった…なんて人も、腰痛持ちの方の中には少なからずいるのが現状です。

 

ギックリ腰やヘルニアなどの腰痛と、内臓疾患からくる腰痛とでは治療方法も当然異なるので、本当は内臓からくる腰痛なのにヘルニアの治療を続けてしまっている…など、知らず知らずのうちに間違った治療を受けてしまうことにもなりかねません。

 

自分の腰痛が悪化する前に、手遅れになる前に、まずはその腰痛を簡単に考えず放っておかないということが大切です。そして、腰痛は内臓と深く関係していて、内臓疾患が原因で腰痛を引き起こす場合もあるということを十分に理解することが大切だと思います。

 

ただの腰痛だから…と軽く考えずに、痛みがずっと続いているようならまずは一度病院で診てもらうことをおすすめします。

高反発マットレス 雲のやすらぎの特徴

  • 腰に負担がかからない体圧拡散製法で腰痛にお悩みの方に
  • 体が沈み過ぎない高反発マットレス、ふんわり17cmの厚み
  • アレルギーの方にも防ダニ、抗菌、防臭加工で安心の品質!
[ 100日間返金保証つき! ]

価格 シングルサイズ 39,800円
評価 評価5
備考 送料無料
高反発マットレ ス モットンの特徴

  • 体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  • 通気性が良く、蒸れにくい
  • ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
  • 体重や好みに合わせて選べる硬さ
[ 90日間返金保証つき! ]

価格 シングルサイズ 39,800円
評価 評価4.5
備考 代引き、送料無料