腰痛は内臓疾患の原因?更年期の50代女性は要注意

腰痛は内臓疾患の原因?更年期の50代女性は要注意

50代更年期の女性の腰痛

 

腰痛には様々な原因があると言われており、女性の持病としても有名です。女性が50代を迎え更年期になる時期には腰痛発症も増えてきます。腰痛は内臓疾患にもつながるので、痛みを我慢せず、医者に診てもらうことが重要です。

 

しかし、内臓疾患の場合は健康診断などでも原因を突き止めることが難しく、悪化した時に発覚することが大半です。その為、生活習慣病との繋がりも考えられており、普段の生活を見直し、改めることが初期にできる対処法です。

 

腰痛も同様に原因の特定が難しい痛みで、原因も年齢による骨の異常、長時間同じ姿勢や重いものを持つこといより生じたり、合わない靴や締め付ける服装なども示唆されています。その為、日頃から適度の運動を心がけ、腰回りの筋肉を鍛えるなど、柔軟な体づくりが必要でもあります。人間の身体でも中心である腰まわりは日常から注意が必要です。

 

年齢関係なし、ヨガマットでしなやかな腰回鍛る

 

自宅で気軽にできる腰痛予防の方法として、ヨガはとても効果があります。普段、ベットや布団で横になるより、地面と平行に敷いたヨガマットに10分程度横になるだけでも、腰痛が起こった際には痛みを緩和することができます。

 

更年期に差し掛かる50代前後の女性でも気軽に自宅で運動できます。ポイントなのではヨガマットの上で仰向けになり、腰痛の原因を探ります。

 

痛みの場所や深さにより、脚を左右に動かしたり、背筋を伸ばしたりすることが重要です。仕事や生活の中で座っている時間が長い場合は背骨の歪みが考えられ、脚を組むことにより内臓疾患につながる場合が多いとされています。

 

その為、腰痛はこのような生活習慣からくる警告とも受け取れます。腰痛は姿勢が悪い場合に起こりやすく、長期的な生活習慣から内臓疾患の原因にも繋がっています。

 

腰痛は一生の病気なので、うまく付き合って行く

 

老若男女、一度腰痛を患ってしまうと一生付き合っていかなければならない病気だと言われています。痛みがなくなっても、忘れた頃に激痛になったり、立てないくらい酷くなってしまう場合もあります。

 

立ち仕事やオフィス業務などの座りっぱなしの姿勢が多い人に多く診られる症状でもあり、血流がうっ血し、筋肉を凝縮させてしまうことも原因の一つです。医療が発達しても完全に腰痛の原因と完治をすることが難しい現代病なので、生活に支障がないよう対処法を知っておく必要があります。

 

知らぬまに内臓疾患になり、気がついた時には手遅れになっている場合も高齢者には多いようです。その為、一度腰痛を経験した人は定期的に内臓診断を病院で受けることが必要です。特に更年期に入った50代女性は痛みを感じなければわからない腰痛の原因は知らずに内臓疾患にまで発展しているケースがあります。

高反発マットレス 雲のやすらぎの特徴

  • 腰に負担がかからない体圧拡散製法で腰痛にお悩みの方に
  • 体が沈み過ぎない高反発マットレス、ふんわり17cmの厚み
  • アレルギーの方にも防ダニ、抗菌、防臭加工で安心の品質!
[ 100日間返金保証つき! ]

価格 シングルサイズ 39,800円
評価 評価5
備考 送料無料
高反発マットレ ス モットンの特徴

  • 体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  • 通気性が良く、蒸れにくい
  • ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
  • 体重や好みに合わせて選べる硬さ
[ 90日間返金保証つき! ]

価格 シングルサイズ 39,800円
評価 評価4.5
備考 代引き、送料無料